車買取 必要書類は何が必要か乗用車と軽自動車

沖縄で車を買取してもらう際に必要な書類はなにか?

 

さて沖縄で車を高く売る方法を解説してきました。

 

どうすれば車が高く売れるのかはサイト内を見ていれば分かりましたよね。

 

 

それでは売る事が決まった場合には、どういう書類が必要になるのか?

 

亡くなってしまった方の車を売却する場合に必要な書類は何?

 

とこちらの二つについて調べた結果を報告します!

車買取に必要な書類はこれとこれとこれ

車を売る時に必要な書類を紹介しますね、きちんとメモとって何度も中古車買取屋さんを往復しないようにして下さい。

 

※普通乗用車の場合

 

「車検検査証明書」
車検証は車で保管している方がほとんどだと思います。
車検証は買取店で査定してもらう時などに詳しい型番など調べる際にも必要になる書類です。

 

「自賠責保険証明書」
車を購入する際に必ず入らないといけない保険
これも車検証と一緒に保管されている事が多いです車を購入した際にほとんどの場合車検証と一緒にもらいます。

 

「自動車納税証明書」
これが毎年自動車税を払っているのか示すもの。
沖縄では、那覇市の税事務所もらうことができます。
本人確認の免許証と車の情報が分かれば無料で発行してもらえます。

 

「実印と印鑑証明書」
実印と発行3ヵ月以内の証明書が必要です。

 

 

以上が沖縄で普通乗用車を売却する際に必要な書類になります。

 

 

 

※軽自動車を買取してもらう時に必要な書類

 

「車検検査証明書」と「車所有者の印鑑」となります。

 

自動車名義人が亡くなっている場合に必要な書類

 

自動車を購入した際に登録した名義人が亡くなっているんだけど車を売りたい時には必要な書類は普通に車売る場合と同じなのでしょうか?

車の名義人が死亡した場合に車を売却するには

 

まず所有者が亡くなっている(死亡)していることがわかる書類を用意します「戸籍謄本(コセキトウホン)」は役所で発行してもらえます。

 

この戸籍謄本に相続人などが誰かと記載されているのでこの情報で車を売れるかどうか判断します。

 

それから相続人の実印にて通常は売る事ができます。

まとめ

こちらで揃える書類についてすべて掲載していますので車を売るときまったらこれらの書類を用意するようにして下さいね。

 

決まる前に揃えてすぐに売りに行くのもアリですけどできれば査定終わって1日後くらいがベストでですよ、本当にこの金額で売っていいのか考えてからの方がいいです。

 

また沖縄のアパートやマンションなどに住んでいると車庫証明代金が車購入時にかかっていますので、車庫証明を警察で外してマンションの大家さんに言えば車庫証明代金も返済してもらえます。

 

亡くなった方の車を売りたい場合も必要書類などは書いていますが中古車買取業者によっては相続人をきちんと出せという場合もあるので買取店に確認取ってくださいね。