沖縄で新車安く購入するポイントをおまとめしました

沖縄で新車を安く購入する方法を公開

新車を誰もが驚く価格で購入できるには安く買うポイントを覚えておけばそれを一づつ試していけば安く買えることをあなたはご存知ですか!?

 

沖縄で新車を驚くべきほど安く購入するためにはこれは知っておきたいポイント

 

ディーラなどとの話上手な方でないと安く買えないんでしょとか思えそうですが、ポイントをつかんで値引き交渉すれば、驚くべき値引き価格や下取りでさらに高く買い取ってもらうなどお得に新車を購入できる情報をこちらでは惜しみなく紹介しますね!

 

 

沖縄で新車を驚くべきほど安く購入するためにはこれは知っておきたいポイント

 

  • 購入したい車のライバル車種を競合させて値引き展開する
  • スケジュールをしっかり立て一回目の交渉では買わない
  • クレジットを上手に利用すると間接的にお得に!
  • 自分でできることを自分でやれば安くなる!
  • 買い取り業者の見積もりをしてもらい下取りの買い取り価格を高くする!
購入したい車のライバル車種を競合させて値引き展開する

 

車雑誌などでライバルの車というのを紹介していますよねあなたがほしい車には他のメーカーが似たような車を出していませんか?
ムーブならワゴンR・HONDAフィットならノートなど似たような感じの車をメーカーが特徴などは違いますが大まかに似ている車同士で競合させるのです。

 

単純に言えばHONDAに行ってフィットを見せてくださいというハイブリットとノーマルもみるそして購入したいけどハイブリットならアクアも買いたいといい、ノーマルならNISSANのノートも検討中で値引き次第だけどフィットどれくらい安くなるのか思い切って聞いてみる。

 

値引き額を電卓で提示してくるはずですが、そこで他社のほうがいいなとできれば他社で見積もりだけ出してもらっていると購入する気あるんだなと値引きを本格的にしてくれる可能性が高いのです。

 

ただし値引きだけすれば何でもいいみたい態度で挑んでも安く購入はできませんので交渉はあくまでも冷静にいばりちらさないで交渉することが重要になります。

 

スケジュールをしっかり立て一回目の交渉では買わない

 

新車を購入する結構な費用な買い物をするので、一回で即購入するなどしたら最大値引きが引き出せないので3・4回程度なら値引きの相談しながら購入にこぎつけるのがお得に値引きしてくれるんですね。

 

安くしてもらうには購入時期も重要であり9月や3月などの決算フェアなどがいいのですねそれに購入の際最初は土日の商談がベストなんですね売る気満々の土日平日はどうしても店長がいないなどであまり値引きを引き出せない場合などもあるのでなるべく最初は土日に行くようにしましょうね。

 

理想は3・4回目の商談ですのでその日が土日に当たるようにスケジュール組んだりしておくと購入する気あるなと思われてディーラのセールスマンも本気で買う人にはセールスマンも安くしますので頑張って商談にスケジューリング立てて乗り込んじゃおうね。

 

またセールスマンはノルマがあるので、どうしても車を売りたいと考えているので、従業員のやる気のある朝市などに行くといいと割引値引きしてもらいやすいという説もあるのですよ。

 

クレジットを上手に利用すると間接的にお得に!

 

新車購入の際によくきくのが残価設定のクレジットというのを各種自動車メーカーが販売していますね。
ホンダの「残クレ」
スバルの「SUBARU安心プラン」
スズキの「かえるプラン」
ダイハツの「ワンダフルクレジット」
マツダの「マツダスカイプラン」
というものですメーカーのフラッグなど窓口に書かれているのですが、残価設定型のクレジットってなにどうお得なの?と疑問に思いますよね。
それではお答えしますね。

 

普通に新車を購入するよりも価格を抑えて新車を購入できるプランのことを指します。
3年後に車を下取りする値段を設定しておきそれに対して購入値段を下げてこれを繰り返せば3年ごとに常に新車に安値で乗れるというメリットがあるのです。

 

安く新車に乗れるメリットがあるのですが、デメリットして3年後に購入すると決めたら残価を払いまたその際にかかる金利が若干高くなるデメリットも派生していますので、その辺を考えて自分に合ったプランで購入してみてはいかがかな!

 

自分でできることを自分でやれば安くなる!

 

ちりも積もればというわけではないですが自分でできることは自分でやると少し安く購入できるよ。
たとえば車庫証明などは警察署にいけば申請用の書類もらって保管場所を手書きの地図を書くだけでハイ終わりですがこれをディーラに頼むと1万円かかりますがこれがカット。

 

また自宅まで納車費用を自分で出向いて取りに行けばこれも1万円から2万円カットされます。

 

これだけでも最大で3万円〜2万円安くなりますので、車に置きたい小物など購入できるお金が浮きますね^^

 

ディーラによってこのような値段をすでに盛り込んで値引きしている場合もあり自分でやると値引き額が下がる場合もごくまれにあるのでそこは注意してみたいですね。

 

ですが2・3万円は誰でもできることなので、自分でやって値引き額引き出して新車を安く購入したいですね。

 

買い取り業者の見積もりをしてもらい下取りの買い取り価格を高くする!

 

ディーラの新車本体価格の値引きがここ数年渋くなっているという事情をご存知ですか?
車値引きの達人のインタビューみてみたら、下取りで最大額を引き出そうということが書かれていますよね。

 

下取りは正式名称では「新車購入支援サービス」の位置つけにありますので、あまり大きな下取り価格を取れない場合もあります。

 

そこで最近ネットで話題のネットで買い取りサービスを利用しますそこで買い取り価格の見積もりを出してもらうそれをもって下取りに交渉するそれで最大の下取りを出す最強の裏ワザになのですが、ディーラによっては下取り価格を競合してくれない場合もございます。

 

どころかなら高く買うところに売ればいいんじゃないという営業マンもいるそうです残念ながら・・・

 

このような場合はディーラの下取りはあきらめてもいいのかもしれないですね、ですが大抵のディーラなら見積もり価格より1万円程度高く下取りしてくれるケースがほとんどだそうです。

 

またここで買い取りサービスに見積もり取ろうと出さないと数十万円も値段が違う場合などもあります近所にガリバーが一社だけで済ますというより、複数業者の一括見積を提供している会社に見積もりを依頼するのがおすすめでございますよ。

 

在庫がない場合は少しでも多く車仕入れたいなど全国各地域によりほしい車など違いますので、全国展開のいろいろな会社に見積もり出してもらうのがより高く車購入してもらうことにつながるのですね。

 

中古車買取サイト

まとめ

 

本気購入する意思があることを伝えライバル社と真剣に悩んでいることをでセールスマンに伝える。

 

購入時期を考えて3・9月決算を狙い土日などセールマンが売る気満々の日にちスケジュール組んで商談する。

 

残価設定うまく使えばお得になるつねにあたらしい車を購入できるのはいいが用途次第自分に合ったプランを相談してみてお金いくらかかるのっかシミュレーション表出してもらうとさらによし。

 

車庫証明など自分の住所など書いて簡素な地図手書きで書いて申請するだけ自分の家の土地なら20分もあればすぐに習得できますよ。

 

ディーラに下取り出す前に中古車買い取りサービスを利用して下取り価格を見極めてからでも遅くない最大の値引き額をつかみ取ろう。