車売却 修復歴 買取

 

今現在乗っている車に、修復歴があっても車を売却できるのでしょうか?

 

修復歴があると事故車扱いになって買取してもらえないのか?

 

普通に走行するのに問題ない場合でも、事故車扱いとなるのんでしょうか?

 

査定金額がなるべく低くならないように、できる車を高く売る方法を教えてほしい?

 

1つずつお悩みを解決します。

 

 

そもそも修復歴ある、車って売却できるの?

 

【結論】修復歴のある車でも売却できます。

 

ただし、店舗によってはお断りされる可能性もありますが、普通に走行するのに問題のない程度ならほとんどの車を売ることが可能です。

 

廃車を専門に買取している車屋さんもあるので、ほとんどの車を売却できると思って間違いないでしょう。

 

修復歴車と事故車の違いはなに?

 

修復歴車と事故車の違いは、なんですか?と言われてすぐに答えられる人は少ないと思います。

 

私も調べて初めて知りました。修復歴車とは、事故車を修復した車のことです。
なので、事故車と修復歴車の違いはと聞かれると車を修理しているか修理していないかということになります。

 

修復歴のある車の例として、交通事故など災害で車のフレーム9ヵ所「サイドメンバー・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエーターコアサポート」が損傷して修理した車です。フレームが傷つくと乗り続けるうちに走行に影響がでる。

 

また、フレーム9ヵ所以外の部分以外に修復・交換を行った場合も修理歴です。例えばバンパーを軽くぶつける・ガードレールにこすった場合などフレームには関係ない場合でも修理歴となるのです。

 

車を売却する際に修復歴がある時はちゃんと申告する

 

車を売却する場合に修復歴がある時は、ウソをつかずにちゃんと査定の時に査定員に話しましょう。

 

なぜなら、ウソをついてバレずに売却できたとします。しかし。売却後に車が事故をしており修復した場所が見つかると思わぬトラブルに発展してします。

 

修復歴を隠していると最悪の場合「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん=)」に問れて、返金・損害賠償・解約料金を請求されます。

 

瑕疵担保責任とは

※瑕疵担保責任/かしたんぽせきにん 売買の対象物に隠れた瑕疵(=外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売主が買主に対してその責任を負うことを「瑕疵担保責任」といいます。 隠れた瑕疵があった場合、買主は、売主に対して契約解除や損害賠償の請求を主張することができます。

 

とはいっても、査定してもらうとほとんどの査定員に修復歴が見破られてしまいます。なので、修復歴がある場合は、査定員に伝えておくと、印象が良くなります。

 

特に報告する必要はないのではと考えることもできます。だけど、査定員に修理しましたか?と質問された時には、隠さずに修復歴があることを報告しましょう。

 

修復歴のある車をできるだけ高く売る方法はあるの?

 

当たり前ですが、修復歴がある車の価値は低く買取金額が減額されてしまいます。

 

そもそも修復歴のある車を販売していない業者もあるので、買取してくれ業者自体が少ないんです。

 

結局修復歴のある車は、高く売れないの?と言われると車査定一括サイトを利用すると、車を高く売る業者を見つけることができます。

 

なぜ、一括査定サイトを使うと高く売れるの?

 

一括査定サイトでは、車・お客様情報を入力すると住んでいるエリアの買取業者に一括で車の情報を送り、査定金額をすぐに調べることができるからです。

 

車を高く売るには、いろいろな買取業者で査定してもらう。これは、修復歴のある車でも変わりません。結局のところ車を高く売却する方法なんて、修復歴ありの車でもなしの車でも多くの中古車買取業者で査定すると高く売れる業者がみつかる可能性がぐ〜んとあがります。

 

車の買取査定サイトは、ネット上に山ほどあります。買取実績の高い一括査定サイトをランキングしましたので、一括査定サイトを選ぶ時に参考にして下さい。

 

※沖縄で高く車を買取してくれる一括査定サイトはこちらから利用
→一括査定サイトをチェックする

 

まとめ

 

本記事の内容をまとめをお伝えします。

 

修復歴ある車は、売却できます。

 

修復歴車とは、事故車を修復した車です。

 

修復歴がある場合は申告するではないと瑕疵担保責任で返金・損害賠償・解約料金になる場合もある。

 

修復歴のある車でも高く売る方法としては、とにかくたくさんの車買取業者に査定してもらう。

 

 

以上になります。

 

修復歴のある車を高く売るときの参考して下さい。